New Japanese book on Kon Satoshi?

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2011/5/26 19:49 | 最終変更
DJZ    投稿数: 329
From http://www.cinematoday.jp/page/N0032592 :

引用:
デビュー作から遺作まで!去年逝去した今敏さんの仕事を1冊にまとめた「今敏アニメ全仕事」が発売決定

2011年5月26日 12時00分


今敏監督の魅力をまだ知らない人は、ぜひ! - 「今敏アニメ全仕事」表紙
画像拡大


 [シネマトゥデイ映画ニュース] 昨年亡くなった映画監督・今敏さんの初監督作から遺作までの情報を1冊にまとめた「今敏アニメ全仕事」が6月15日に発売される。過去作品の蔵出し画像のほか、林原めぐみ、山寺宏一といった声優やその他関係者の貴重なインタビュー、話題の映画『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督からのメッセージなどを収録している。

今敏さんの監督映画『パプリカ』場面写真

 「今敏アニメ全仕事」は、昨年8月に亡くなり、その早過ぎる死が悔やまれるアニメーション界の鬼才・今敏さんのすべてを凝縮した1冊だ。初監督映画『PERFECT BLUE パーフェクト ブルー』から『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』『パプリカ』といった世界的評価の高い劇場用アニメーション、唯一のテレビアニメーション「妄想代理人」、そして遺作であり現在も製作が続けられている「夢みる機械」までの情報を初めてまとめ、各作品をカラー画像で紹介。アニメ評論家の氷川竜介による作品解説も付されており、コアなファンはもちろん、今敏作品初心者がガイドブック代わりに楽しむこともできるようになっている。

 インタビューページには、今作品に声優として出演した面々が集結。『パプリカ』の林原めぐみ&山寺宏一、『PERFECT BLUE パーフェクト ブルー』の岩男潤子、「妄想代理人」の能登麻美子が語る今さんの思い出はファン必見。ほかに、若き日の今さんを知るプロデューサーの石川光久、映画『人狼 JIN-ROH』の沖浦啓之監督の貴重な話や、今話題の映画『ブラック・スワン』のアロノフスキー監督が、今さんが亡くなった際に寄せたメッセージも本書には収録されている。

 さらなる活躍を期待されながらも、早過ぎる死により長編監督作はわずか5作しか残せなかった今さん。だが、そのすべてにきらめくような才能が発揮されており、すでに日本アニメを語る上では欠かせない作品群となっている。その今さんの全仕事を1冊にまとめた本書の功績は大きい。発売を記念した上映イベントも現在企画中であり、このまま、改めて今作品の魅力が世の中に広まっていくことを願いたい。(編集部・福田麗)

「今敏アニメ全仕事」は6月15日に発売予定 価格: 1,260円(税込み) 編集:株式会社 G.B. 協力:株式会社マッドハウス、株式会社KON’ STONE

この本は、権限を与えられています?
投票数:4 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2011/6/5 10:21 | 最終変更
DJZ    投稿数: 329
I guess it is official. Sorry I ranted so long about this. But I didn't like a guy I respect getting snubbed. He was a very down-to-earth guy. And his work was very classy and straightforward. I hope future Japanese animators learn from him, instead of aping that shitty otaku bait from Gainax. Thank you for having me on the board all this time. I hope I didn't disrespect his legacy or embarass anyone with my complaints.


それのように見えるの公式です。--> http://konstone.s-kon.net/modules/info/index.php?page=article&storyid=64 すみません、私はこれほど長いranted。しかし、私は今敏は認識せずに死んで好きではなかった。私は彼を尊敬し、彼は非常にダウン地球の仲間だった。彼の作品は上品で簡単でした。私は日本のアニメーターの次の世代は、彼から学ぶ願っています。代わりに、ガイナックス標準からのオタクのたわごとを使用します。すべてのこの時期、ボード上で私を有するいただきありがとうございます。私はあなたを軽視せず、又は人を当惑させる願っています。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2011/6/16 18:41 | 最終変更
DJZ    投稿数: 329
Please blog about the book when you get the chance.

あなたがチャンスを得る時に本についてのブログをしてください。


I have not read it, but this guy at Amazon wrote a review.


私はそれを読んでいない。
しかしAmazon.co.jpでのこの男がレビューを書きました:


引用:
5つ星のうち 5.0 この本に、制作秘話・制作の裏側・今敏のインタビュー 等は載ってません。, 2011/6/16
By ROUGHNECK "ヒューゴ" - レビューをすべて見るレビュー対象商品: 今 敏アニメ全仕事 (単行本(ソフトカバー))
今さんの最新作『夢見る機械』を含む全仕事が、88ページほどにまとめられています。 各アニメ作品が名場面や宣伝ポスター・パッケージイラスト、スタッフ・キャストとともに紹介されています。帯に『全作品&未公開カット完全収録!』と表記されていますが、『未公開カット集』というコーナーが設けられているわけでなく、ちらほら見受けられる程度です。 しかし、それ抜きでも名場面の数々がたっぷりと載せられており、それらを眺めているとまた観賞したい気分になってきます。どのシーンも改めて見ても綺麗です。…ただ、『KON’S ART』という見開き1ページのみにまとめられた今さんのイラスト集は、是非イラスト一枚に1ページを使って頂きたかったです。本当に美しいイラストばかりなので。 各作品のキャラクターの表情の描きわけも載っている『キャラクター設定集』も6ページほどありました。 各解説・インタビューもなかなか読みがいがあり、その言葉のひとつひとつから今さんの作品がもつ力の大きさを改めて感じさせられます。とくに今さんと仕事をともにした『人狼JIN-ROH』の監督でアニメーターの沖浦啓之氏のインタビューでは、氏と今さんの仕事・またはそれ以外の場での交流の様子も知ることができ とてもおもしろいものでした。 『夢みる機械』に関する内容のインタビューはありませんが、これまで一般公開されていなかったという企画書を読むことが出来ます。 本の終わりの方では、今さんが監督となる以前に携わった作品も振り返られており、加えて漫画家時代の作品(単行本)についてもまとめて紹介されています。まさに全仕事といった感じでした。 …総じて、買って正解でした!自分が予想した内容よりも遥かに充実しており、ただ情報を集めただけの内容ではなく、読んでいて非常に楽しい本でした。…各作品の名ゼリフ集もおもしろかったです!
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ