Paprika in TIME magazine's top 25 animated film list ( TIME誌のトップ25のアニメ映画のリストのパプリカ )

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2011/6/24 17:23 | 最終変更
DJZ    投稿数: 329
引用:
20. Paprika, 2007
By Richard Corliss Thursday, June 23, 2011

Anime, the Japanese form of cartooning, has yielded far more animated features in its 40-some-year existence than the rest of the world put together. From this teeming, often dark and astonishingly sophisticated output, Satoshi Kon's last completed film is one of the most forbidding and beguiling. It's an R-rated psychological detective story about a machine, the DC Mini, that offers the key to unlock the meaning of dreams — even as animation is, in a way, the key to unlock the feeling of dreams. A police detective hopes to solve a murder by telling his dreams to the sexy Paprika, who is also a staid researcher named Atsuko. They are aided or threatened by the usual sci-fi-noir suspects, but the plot is so complicated, it's best not to worry about parsing it and just go with the seductively somnambulist flow, which is where the movie finds its true life. Paprika alternates dream with reality, or abruptly fuses the two, until the detective, and the viewer, can't tell them apart.

Kon, whose earlier films included the sado-thriller Perfect Blue and the movie-crazy Millennium Actress and who died in 2010 at 46 of pancreatic cancer, saw modern media as not linear but oneiric. "Don't you think that dreams and the Internet are similar?" asks Paprika. "They're both places where the repressed conscious mind vents." But the place where the detective will unlock his mystery is a movie palace, the dark cathedral where the communicants' separate obsessions become one dream on a giant screen. And the most fluid form of movies is animation. Paprika is both an argument for and a demonstration of animation's power to put us into a state of alert hypnosis. Watch the images that float by, the impulses that pass from the characters to you. You are getting ... very ... dreamy.


引用:
アニメ、cartooningの日本人形は、世界の残りの部分は一緒に置くよりも、その40ある年の存在にはるかに多くのアニメーションの機能が得られている。この溶鋼、しばしば暗いと驚くほど洗練された出力から、今敏の最後に完成した映画は最も近づきがたいと魅力的なの一つです。アニメーションは、方法で、夢の感覚のロックを解除するキーであって - それは夢の意味をロック解除するキーを提供するマシン、DCミニ、約R指定の心理的な探偵小説です。警察の刑事も敦子というきまじめな研究者であるセクシーパプリカ、に彼の夢を伝えることで殺人事件の解決に取り組んでいる。彼らが支援または脅迫、通常のSF-ノワールの容疑者が、プロットが非常に複雑されている、それは映画がその真の人生を見つける場所です誘惑夢遊病者の流れ、と行くだけで、それを解析し、心配しないことをお勧めします。パプリカは、代替現実と夢を、または刑事、そして視聴者は、それらを区別できなくなるまで急激に二人は、融合。

線形しかし夢のないように、その以前の作品膵臓癌の46で2010年に亡くなった佐渡スリラーパーフェクトブルーと映画マニアのミレニアム女優とを含むコンチキは、、現代のメディアを見た。 "あなたは夢とインターネットが似ていると思いませんか?"パプリカを尋ねます。 "彼らは抑圧意識の口両方の場所だ。"しかし探偵は彼の謎のロックを解除する場所は、communicants"別々の強迫観念は、巨大スクリーン上の1つの夢になって暗い大聖堂大映画館です。や映画の中で最も流動形態はアニメーションです。パプリカはは引数やアラート催眠状態に問い合わせを置くアニメーションの権力のデモンストレーションもあります。でフロートの画像は、文字から渡すインパルスを見て。あなたが得ている...非常に...夢のような。

Source, courtesy of @animeresearch.

It's also not the first time Satoshi Kon made TIME. 今敏は、数年前に言及されました。For top anime movies on DVD. DVDの最アニメ映画のため。


Link:

引用:
Since the 1960s, kids of all nations have enjoyed the quests and antics of Astro Boy, Robotech and their TV kin. But in its feature-film form, anime (Japanese animation) boasts a graphic artistry as potent as Disney's or Pixar's--or Goya's or Bosch's. Here, some anime for the ages.

PERFECT BLUE SATOSHI KON, 1997

A cute 'n' sexy pop singer decides to become a movie actress, then realizes she is being stalked by a fan who loves her a leetle too much. An adult thriller inspired by the giallo suspensers of Italian director Dario Argento, Perfect Blue deftly translates the live-action shock style into lurid-luscious anime visuals while mulling the notion that celebrity is a stroke of good luck punishable by death. Have creepy fun with Perfect Blue; then move on to Kon's Millennium Actress, another, gentler mix of suspense and movie lore. It's an anime tribute to live-action Japanese films, from delicate family dramas to the Godzilla epics of a devastated Tokyo.

SPIRITED AWAY HAYAO MIYAZAKI, 2001

The most noted name name in anime, Miyazaki makes child-friendly films that bring kids into magic worlds where pigs (Porco Rosso) and witches (Kiki's Delivery Service) fly with equal ease. Spirited Away, Miyazaki's masterpiece, is set in a spectral bathhouse. Ghosts of every species set traps for plucky young Chihiro-- or help her step out of them. Here is a fantasy land as rich as Lewis Carroll's, a netherworld as poetic as Dante's, to transfix the child in every moviegoer.

BAREFOOT GEN MORI MASAKI,1983

The Japanese monster movies of the 1950s were one pop metaphor from the only people to have been the targets of an atom bomb. Barefoot Gen is another: a memoir (by writer-producer Keiji Nakazawa) of a boy's life in Hiroshima before and after the blast. Gen, on his way to school on Aug. 6, 1945, must become a man amid the city's charnel rubble. The stench of burning bodies will adhere to you; this is no movie for kids. It does have the awful poignancy of a national nightmare--and in cartoon form.

STEAMBOY KATSUHIRO OTOMO, 2004

A Victorian virus has recently infected two of the top anime-tors: Miyazaki set his latest feature, Howl's Moving Castle, in a fanciful antique England; Otomo retreated to 1860s London for the first anime feature he has directed since Akira. Steamboy, available in two cuts (get the 126-min. director's version), sets a complex spy plot chugging across its sooty landscapes, with villains pursuing the boy hero--in some great chase scenes--to harness a 19th century WMD. Only the lad's ingenuity can defeat them. That's the power of anime: it's a weapon of mass perception.

AKIRA KATSUHIRO OTOMO, 1988

Apocalypse, pow! The dystopic future (is there any other kind?) came to animation with Otomo's film version of his manga series--and, presto, haute anime proclaimed itself to the world. This psychedelic eye chart is set in 2019, the same year as Blade Runner, and paints its Neo-Tokyo with even denser splashes of noir on neon. The mix of outlaw attitude and brain-breaking speculation may convince you that the Wachowskis were channeling Akira when they wrote The Matrix. The special-edition DVD restores the original film in all its gaudio-visual splendor.

引用:
1960年代以降、すべての国の子供たちは、鉄腕アトム、ロボテックと彼らのテレビの親族のクエストとふざけた態度を楽しんでいます。やゴヤのかボッシュの - しかし、その機能フィルムの形で、アニメ(日本のアニメは)グラフィックディズニーやPixar'sと同じくらい強力な芸術性を誇っています。ここでは、年齢のためのいくつかのアニメ。

パーフェクトブルー今敏、1997

かわいい'N'セクシーなポップシンガーが映画女優になることを決定、その後彼女はあまり彼女にleetleを愛するファンによるストーカーされて実現する。有名人が死刑に幸運のストロークであるという概念を検討しながら、イタリアの監督ダリオアルジェントのgialloのsuspensersに触発された大人のスリラー、パーフェクトブルーは巧みに身の毛もよだつような、甘美なアニメの映像に実写衝撃のスタイルを変換します。パーフェクトブルーで不気味な楽しみを持っているし、次に崑のミレニアム女優、別の、サスペンス、映画の伝承の緩やかなミックスに移ります。これは微妙な家族ドラマから被災東京のゴジラ叙事詩に実写日本映画、にアニメのトリビュートです。

千と千尋の神隠し宮崎駿、2001

アニメで最も有名な名前の名前は、宮崎は、魔法の世界に子供を連れて子供向けの映画になりますここで、豚(紅の豚)と同じ使いやすさと魔女(魔女の宅急便)フライ。神隠し、宮崎の傑作は、分光浴場に設定されています。すべての種の幽霊は、勇敢な若者千尋のトラップを設定する - またはそれらの彼女のステップを助ける。ここではルイスキャロルの、ダンテのような詩的として冥府、すべての映画ファンに突き刺す子のと同じくらい豊かなファンタジーの土地です。

はだしのゲン森政樹、1983

1950年代の日本の怪獣映画では、原子爆弾の標的をされている唯一の人々から一つポップのメタファーだった。爆発の前と後の広島での少年の人生の回顧録(作家プロデューサー圭司中澤によって):はだしのゲンは別です。 genは、1945年8月6日で学校へ行く途中、市内の納骨堂の瓦礫の中の男になる必要があります。燃焼機関の悪臭はあなたに従うことになりますが、これは子供のための映画ではありません。それは国家の悪夢のひどい辛辣を持っていない - と漫画の形で。

スチームボーイ大友克洋、2004

ビクトリア朝のウイルスは最近トップアニメ - アーズの二つに感染した:宮崎は、想像力に富むアンティークイギリスで彼の最新の機能、ハウルの動く城を、設定し、大友氏は、黒澤明以来監督が初めてアニメの特徴のために1860年代のロンドンに退いた。 WMD 19世紀を活用する - いくつかの素晴らしいチェイスシーンで - スチームボーイ、二つのカット(。126分監督のバージョンを取得)で利用可能な、悪人が少年の英雄を追求するとともに、そのすすけた風景にわたって一気飲み複雑なスパイのプロットを設定します。唯一の若者の創意工夫は、それらを打ち負かすことができる。それはアニメの力だ:それは、質量知覚の武器です。

AKIRA大友克洋、1988

黙示録、POW! dystopic未来は(?そこに他の種類のです)彼の漫画シリーズの大友監督の映画版ではアニメーションに来た - と、さきがけ、オートクチュールアニメは世界に自分自身を宣言した。このサイケデリックな視力検査表は、2019年、ブレードランナーと同じ年に設定され、ネオンでノワールのにも高密度の飛散とのネオ東京を描くさ。無法者の姿勢と脳の最新の投機のミックスは、マトリックスを書いたときWachowskisがチャネリングアキラだったことを納得させることができる。特別版DVDには、そのすべてのgaudioビジュアルの素晴らしさで、オリジナルのフィルムを復元します。


I forgot that he also made People of the Year for 2010. 彼はまた2010年の人々を作った。

From TIME:

引用:
Hero, second class. That is the designation given the artists of animated films. Their work receives the highest praise, yet at awards time they are deemed creatures of some cuter, smaller species. Satoshi Kon rankled at that niche status. "I'm an anime director," he said. "People can take it or leave it." Well, Kon was a great Japanese filmmaker, period. His death on Aug. 24, at 46, of pancreatic cancer, robbed world cinema of one of its most acute, probing artists.

At first a manga comics illustrator, Kon graduated to filmed anime with the 1998 Perfect Blue, about a pop singer stalked by a fan. More lurid and luscious than ani-master Hayao Miyazaki's film fantasies, Perfect Blue took cues from the giallo melodramas of Italian director Dario Argento.

Kon's 2001 follow-up, Millennium Actress, was a gentler mix of suspense and movie lore — a tribute to live-action Japanese films, from Yasujiro Ozu's delicate family dramas to the Godzilla epics of a devastated Tokyo. The 2003 Tokyo Godfathers bears traces of John Ford's Three Godfathers and at times is as warm as a Christmas hearth, but Kon made the adoptive trio members of Japan's homeless class.

His last completed feature, 2006's Paprika, is also his most complex. The key to this murder mystery is a movie palace where all dreams seem real. Kon's oneiric imagery certified animation's power to put viewers into a state of alert hypnosis. No wonder that his last project, which he called "a road movie for robots," is titled The Dream Machine.

Kon learned of his death sentence May 18. In a statement published posthumously, he wrote with staunch tenderness about his family and co-workers and asked two of them, "Could you help my wife send me over to the other side after my death? I'd be able to get on that flight with my mind at rest ... Now excuse me, I have to go."

In his art, in his life and in his grace in leaving it, Satoshi Kon was a hero, first class.

—Richard Corliss

引用:
ヒーロー、番目のクラス。それは、アニメーション作品のアーティストを与えられた名称です。彼らの作品は最高の賞賛を受け取る、まだ受賞時に、彼らはいくつかのキュートの生き物、小さな種とみなされている。今敏は、そのニッチの状態でrankled。 "私はアニメの監督だ"と彼は言った。 "人々はそれを取るまたはそれを残すことができます。"よく、コンチキは偉大な日本の映画制作者、時期であった。膵臓癌の46で8月24日、、上の死は、そのほとんどの急性、プロービングアーティストの一人の世界の映画を奪った。

第一マンガイラストレーターで、コンチキはファンでストーカーポップ歌手について、1998パーフェクトブルーで撮影アニメに卒業。もっとどぎついとANI-マスター宮崎駿の映画の空想よりも甘美な、パーフェクトブルーは、イタリアの監督ダリオアルジェントのgialloのメロドラマから手がかりを取った。

実写日本映画に、小津安二郎の微妙な家族ドラマから荒廃した東京のゴジラ叙事詩へのオマージュ - 崑の2001年のフォローアップ、ミレニアム女優は、サスペンスや映画の伝承の緩やかなミックスだった。 2003東京ゴッドファーザーズはジョンフォードの3人の名付親の痕跡を負担し、時にはクリスマスの暖炉のように暖かいですが、崑が、日本のホームレスクラスの養子トリオのメンバーを作った。

彼の最後に完了した機能、2006年のパプリカは、また彼の最も複雑です。この殺人事件の謎を解く鍵は、すべての夢が現実のように見える映画の宮殿です。アラート催眠の状態に視聴者を置くこと崑の夢の画像認定アニメーションの力。彼は"ロボットのためのロードムービー、"呼ばれる彼の最後のプロジェクトは、ドリームマシンというタイトルされていることも不思議ではない。

コンチキ5月18日、彼の死刑判決を知った。死後に発表された声明の中で、彼は家族や同僚について忠実な圧痛を書いたし、私の妻は私の死の後にもう一方の側に私を送る助けてもらえますか?私はそれに乗ることができると思います"、彼ら二人に尋ねた安静時に私の心を持つ飛行が...今私を許し、私が行かなければならない。"

彼の芸術に、彼の生活の中で、それを残しての彼の恵みで、今敏は英雄、ファーストクラスだった。

- リチャードコーリス
投票数:2 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2011/6/29 21:22
DJZ    投稿数: 329
The Madhouse press release is as follows:
引用:
■2011/06/28


『パプリカ』がTIMEオールタイム・ベストにて20位ランクイン


 故・今 敏監督が手がけ、マッドハウスが制作した劇場アニメ『パプリカ』が 米TIME誌にて発表されたオールタイム・ベスト25の20位としてランクインしました。

 日本作品おいてはこの他に『千と千尋の神隠し』、『AKIRA』がそれぞれ5位と17位でランクイン しています。


パプリカ公式ホームページ
http://www.sonypictures.jp/movies/paprika/site/home.html



投票数:3 平均点:3.33

  条件検索へ