Re: 「十年の土産」展覧会の成功、おめでとうございます!

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 「十年の土産」展覧会の成功、おめでとうございます!

msg#
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008/3/15 9:47
s-kon  管理人 居住地: 東京  投稿数: 100
こんにちは、クリストフさん。
「十年の土産」トークイベントに連日参加いただき、ありがとうございました。
飲み会も楽しかったですね。
展覧会には外国人のお客様も目立ち、さすがに「世界が認めた才能」だなと再認識させてもらいました、ワッハッハ。
冗談です。

サインしながらお話しさせてもらったときに、クリストフさんが「来日されてちょうど10年」と仰っていて、それぞれの節目の符合に嬉しくなりました。
縁のあるものとは不思議な符合を示すことがあるものですよね。
さながら『東京ゴッドファーザーズ』的とでもいいましょうか。
その『東京ゴッドファーザーズ』がお好きとのこと。ありがとうございます。
「超大作」の形容に相応しい映画ではありませんが、作っている側がもっとも楽しんだ映画だったと思います。
スタッフ関係者だけで見る完成初号は、それぞれが自分の仕事をチェックする場という性格が強く、めったに笑いがこぼれるなんてことはないのですが、『東京ゴッドファーザーズ』の初号は笑いが溢れ、私もこれまでの初号のうち、もっとも楽しく、そして安心して見ていられた映画でした。
ま、興行については思うに任せない結果で……それはどの監督作も御同様ですが(笑)

>業界の人間だろうがお客さんだろうが、「人と人」の間に壁が全く感じられず、
>一言で言いますと感動!

ああ、そうかもしれませんね。
問題といえば、今 敏の威圧的な外見くらいで(笑)
私は、関係スタッフはもとより、来場されたお客さんがいい人ばかりで嬉しくなりました。
ほとんどトラブルもなく、何より人に恵まれた展覧会でしたね。
毎日笑ってばかりいました。

>話が非常に面白い上に、なんと言っても今監督は嘘のない人で誠実だと感じました!

エヘヘ(照)
いえいえ、さして面白い話も出来ず、「無料イベント」にしておいて正解でした。
「今 敏」に対して「誠実」という形容はいかがなものかと思いますが(笑)、仕事に対しては一所懸命ではありますね。それ以外のことに関しては情けないことに、杜撰でずぼらの面倒くさがりで、周囲にはご迷惑と不義理ばかりかけております。

>P.S.:日本語がおかしいなところもあると思いますが、どうかお許し下さい。

全然問題ありませんよ。
もっともっともっと奇妙な日本語を使うネイティブ・ジャパニーズがたくさんいるですよ。
投票数:1 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ