絶句する醍醐味

このトピックの投稿一覧へ

なし 絶句する醍醐味

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/7/1 8:50 | 最終変更
琴代 
こんにちわ。
何だか大仰なタイトルをつけてしまいましたが、本当に感動するものを見たときって、言葉もなく立ち尽くす状態になることがあると思うのですが、私が今監督の映画を見たとき、まさにこの状態でした。特にパプリカのオープニングクレジットの部分は、鳥肌が立って、感動で涙がでてしまいました。今監督の映画は見れば見るほど味が出てきますね!
私は本来ちょっとやそっとでは、感動しないタイプなのですが、こんなに心を奪われる作品に出会えるなんて、幸せです!!(今まではアニメの印象があまり良くなかったんですよね。いわゆる大ヒットと言われているようなものも、社会現象になったといわれたものも、色々見ましたが、全然
好きになれなかったのです。)
今さんがアニメ監督と呼ばれていると違和感があって、あくまでも今さんは、"映画監督"だと思います。

お恥ずかしながら、今監督の映画にめぐり会ったのは、ほんのごく最近でした。何年か前にイラストレーションという雑誌で、"千年女優"の広告を見ていて、気にはなっていたのですが、アニメを敬遠していたせいもあって、すぐには手が出なかったのです。それが去年レンタルDVDのサイトで何気なくブラウズしていて、あ、見なくっちゃと思ってオーダーしたのがきっかけでした。"ほかのアニメと違う"というのが最初の強い印象で、最後の千代子のせりふにとっても共感して、"この映画を作った人は、きっと自分の仕事が大好きな人に違いない"と思ったのでした。(後で、このせりふに賛否両論があったと聞いて、びっくりしました。)

それからというものどんどん夢中になり、DVDなどあまり買ったことのなかった私が、今さんの全作品のDVDを買い、その後でコンテ本もほしくなり、ボックスセットも買ってしまいました!あ〜幸せ!!

しかも今さんの作品には、最高の贈り物が付いていました。平沢さんの音楽です!
私は今さんと同世代ですが、いままであらゆるジャンルの音楽を聴いてきたつもりだったのですが、迂闊でした。私のレーダーをすり抜けておられました。なので、出会えてとっても幸せです。今さんと平沢さんって、お互いを高めあうことの出来る存在ですね。

流行に左右されず、飽きがこない長く長く生き続ける作品を今後も楽しみにしております。私も多少なりとも美術に携わる仕事をしている者として精進いたします!

投票数:1 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ